前へ
次へ

行政書士の仕事内容とは

まず、行政書士とは、「官公庁に提出する書類の作成、同内容の相談やこれらを官公庁に提出する手続きを代行すること」を仕事内容とする職業です。また、その官公庁に提出するほとんどが許可または認可に関わることがほとんどです。そして。その書類とは、「権利義務に関する書類」または「事実証明に関する書類」に大別されます。まず、「権利業務に関する書類」とは、権利の発生、存在、消滅の効果を与えるものを意思表示を示すものです。例えば、遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、内容証明などです。続いて、「事実証明に関する書類」とは、社会生活を営む上で交渉が必要なものです。例えば、実地調査に基づく各種図面類、各種議事録、会計帳簿などです。

top用置換

top用置換2
Page Top